マンションリフォーム

光と影を操る仕掛けで

ドラマティックな空間を生む


用賀台I邸

2016 │ 東京都世田谷区 │ RC造・改修

標準的な3LDKの間取りを持つ集合住宅の一住戸。既存の間取りはそのままに、光と影を操る仕掛けを随所に設けることで、奥行きのあるドラマティックな空間に生まれ変わりました。1階西向きのリビングは、日中でも暗い印象でした。そこで、隣接する主寝室との間仕切り壁を撤去し、光を透過するスライディングパーティションに置き換えました。乳白パネルで拡散された柔らかな自然光が、優しくリビングを満たします。一方、廊下の先にあるリビングドアには、ステンドグラスをはめ込みました。シンプルなデザインながら、味わい深いこのステンドグラスは、マリヨステンドグラスによるオリジナル作品。プリズムを二重に使用したり、アンティークガラスでボケた見え方にするなど、クライアントと職人さんと一緒に綿密な打合せを重ねて実現させました。照明計画は、間接照明を多く取り入れています。梁形の凹凸と間接照明がつくりだす光と影の帯が、天井にリズミカルな表情を与えています。



戸建て増改築

風が抜け 視線が抜ける

築50年の組積造を増改築


高台の家

2004 │ 愛知県名古屋市 │ CB造+木造2階建て・増改築

閑静な高台の住宅地に建つ、築50年の戸建て住宅を増改築しました。補強コンクリートブロック造のまわりを木造の増築部分が囲んでいるため、日中でも光が奥まで十分に届きませんでした。改修にあたっては、自然採光と通風を確保すること、リビング・ダイニング・キッチンが一体的な空間として感じられるようにすることが求められました。緑いっぱいの庭からの光や、部屋の奥に新たに設けたトップライトからの光が、壁や天井の白い漆喰によって拡散され、柔らかな表情をつくりだします。ナラ無垢のフローリングと自然塗料で仕上げた床には蓄熱式床暖房が設けてあり、年中裸足でも気持ちがよいと喜ばれています。北側にあり冬寒い浴室・洗面脱衣室・トイレにも床暖房を入れ、ヒートショックから身を守るための配慮もしています。



マンションリフォーム

ライフスタイルを一新させる

ペントハウスリノベーション


神宮前のリノベーション

2004 │ 東京都渋谷区 │ RC造・改修

集合住宅の最上階にある住戸を全面的に改修しました。住まい手は、若い単身者です。改修前は15坪2LDKという典型的なマンションの間取りで、時代性やライフスタイルに適していませんでした。そこで、間仕切り・内装下地・設備機器をすべて撤去し、動線・水まわりなどから再構成しました。フレキシブルに使え、明るく風通しのよい空間が求められたため、光を通す素材を用いた可動間仕切りを使って、ワンルームを多目的に使うことを提案しました。ホームシアターやサラウンドシステムに対応した設備も新たに設けています。



マンションリフォーム

全面改修で暗さと狭さを克服

築40年のマンション再生


日吉のリノベーション

2011 │ 神奈川県横浜市 │ RC造・改修

約40年前に建てられた鉄筋コンクリート造のマンション。その一住戸を全面改修しました。梁せいが大きく天井高さが十分に取れないこと、設備の制約が大きいことなど厳しい条件の中、広々として機能的な空間に生まれ変わりました。改修前と同じ3LDKという構成ですが、風通しがよく明るい雰囲気になり、大変喜ばれています。



根岸台ハウス

2006 │ 神奈川県横浜市 │ RC造・改修

マンションリフォーム

頬ずりしたくなる優しい無垢材の床

港を見下ろす丘に建つ集合住宅の住戸を改修しました。新しい命とその両親のために、シンプルで優しい空間になるようデザインしています。視線が行き届くように間仕切り壁を撤去して、リビングとダイニングキッチンをオープンにしました。床には厚さ18㎜のパイン材無垢フローリングを全面に張っています。仕上には自然健康塗料であるリボスカルデットを塗り、子育てに優しい仕様にしました。



赤堤のテラスハウス

2006 │ 東京都世田谷区 │ 木造2階建て・改修

賃貸住宅リフォーム

エコロジー素材で改修した賃貸住宅

戸建て住宅の雰囲気を持つメゾネットタイプの賃貸長屋。2階の間仕切りを撤去してワンルームに変更し、水回りの一部を2階に移設しました。壁・天井の仕上にドイツ製エコロジー壁紙、オガファーザーを使用。居室環境を良好に保つだけでなく、メンテナンス時は水性塗料の塗り直しで済み、コストの軽減になると大家さんにも好評です。既存の窓を活かしながら、室内の間仕切りに採光窓を取り入れるなど、明るく健康的な住まいに生まれ変わりました。



T邸

2001 │ 東京都世田谷区 │ 木造2階建て・改修

戸建てリフォーム

客人を招きたくなるおもてなし住宅

対面キッチンやダイニングのロフト天井など、オープンでフレンドリーな雰囲気をもつ住宅を、より快適にするために改修しました。システムキッチンのリニューアル、リビングダイニングの拡張をはじめ、間接照明やワイヤリングシステムによる照明器具を設置して、おもてなしの空間を演出しました。レストルームは絵を飾ったり、小物を飾ったり、ゲストにも喜ばれるくつろぎの場所になるようデザインしました。



杉並N邸

2006 │ 東京都杉並区 │ RC造・改修

戸建てリフォーム

間取りを活かしてバリアフリー化

戸建て住宅の水まわりを中心とした改修です。鉄筋コンクリート造のためレイアウトの変更が困難でしたが、バリアフリー対応と設備機能を充実させました。 既存の間取りを活かして、シンプルな素材感と色遣いでまとめています。


news

2020/4/24

リノベーションのページに「用賀台I邸」を追加しました。